DRAMメーカーだけが潤う半導体市場は不健全

 6月5日の日本経済新聞の1面トップに「中国、米韓半導体を調査 3社、独禁法違反の疑い」という見出しの記事が載った。読んでみて、「やっぱり」という感想を持った。これは米国のマイクロンと韓国のサムスン電子とSKハイニックスのDRAMトップメーカー3社が独占禁止法の疑いがあるとして調査に入った、というニュースだ。 現在のDRAM市場は、この3社が世界市場の95%...

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ最新記事

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ

DRAMメーカーだけが潤う半導体市場は不健全 (2018/06/05)

 6月5日の日本経済新聞の1面トップに「中国、米韓半導体を調査 3社、独禁法違反の疑い」という見出しの記事が載った。読んでみて、「やっぱり」という感想を持った。これは米国のマイクロンと韓国のサムスン電子とSKハイニックスのDRAMトップメー...

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ最新記事

数字のマジックに気をつけよ (2018/05/12)

基礎的な数学が産業にとって、いかに重要であるか、「『サイン、コサイン何になる』に真摯に答えよう」(参考資料1)で紹介してきた。基本的な数学を身に着け、数字が意味するものを正確に捉えていなければ、企業の進むべき道を見失う。特に企業の成長を数字...

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ最新記事

「サイン、コサイン何になる」に真摯に答えよう (2018/05/10)

社会的に影響力のある小説家や評論家が、数学や理科を理解せず、またこれらを勉強もせず、「サイン、コサイン、何になる?」と言い放ち、子供たちの理科系への興味を削いできた。しかし、科学者やエンジニアはこれにまともに答えてきただろうか。答えないのか...

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ最新記事

半導体シェア7%、日本の一人負け (2018/04/12)

二人の半導体出身者が国立大学のトップに就任 (2018/04/08)

セキュリティはタダではない (2018/03/09)

半導体はメモリバブルだった (2018/02/25)

スマホの次は、やはりスマホ (2018/02/15)

シリコンバレーはイノベーションバレーに (2018/02/12)

グーグル、アップル、みんな半導体を持ちたい (2018/02/02)

NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二のニュース&ブログ