NEWS&CHIPS|国際技術ジャーナリスト、技術アナリスト、メディアコンサルタント津田建二の事業内容~半導体セミナーの講師/モデレータ(技術アナリスト)

情報通信やエレクトロニクス、半導体関係のセミナーにおいて、講師やモデレータを請け負います。特に専門的に追及している分野は半導体です。半導体産業における技術(設計と製造)、製品、サービス、ビジネスモデルなどをはじめとして、ソフトウエアや開発ツールなどもカバーします。さらに半導体チップが使われるコンピュータや、スマートフォン、携帯電話、スーパーコンピュータ、通信基幹系システム、医療電子、工業用プラントエレクトロニクス、パワーエレクトロニクス、デジタルテレビ、自動車エレクトロニクス、ソーラーセル、LEDなど広い分野に渡り応用もカバーしていますので、応用と半導体設計製造との関係についても最新の動向を提供します。

さらに米国のシリコンバレーや英国のケンブリッジやブリストル地方、ベルギーのIMEC研究所、台湾や韓国の企業など、海外取材で見えてきたこと、日本にいては見えなかったこと、各国のビジネス文化の違いや習慣などについてもお話しします。技術トレードショーにおいても日本との大きな違いや、考え方の違いをお話しすることで企業のグローバル化をお手伝いいたします。

これらの総合的な動きをウォッチしていると、成長すべき分野がおのずから見えてきます。広い範囲の応用から半導体産業を観察することにより、半導体産業の真っただ中にいるエンジニアや経営陣が見えなかった、気がつかなかったことなどについて指摘いたします。

これまでの実績として、電子情報通信学会やエレクトロニクス実装学会における講演をはじめ、企業内などにおいて常に最新の半導体事情についてお話しします。また、大学においても若い学生を対象に就職のアドバイスを行ったり、エレクトロニクスや半導体産業の魅力をお伝えしたりしています。

さらに、技術的なパネルディスカッションの司会も請け負います。スマートグリッド関係、ヘルスケアビジネス、パワーエレクトロニクスなどでのパネルディスカッションのモデレータを務めました。企業や大学、研究所などの人たちが考えていること、それらの対立点、そして互いに理解し合わなければならない点などを整理し、まとめます。